敏感肌や乾燥肌の人は天然保湿因子を取り入れたスキンケアを

敏感肌や乾燥肌の人は天然保湿因子を取り入れたスキンケアを

天然保湿因子といえば真っ先に名前が出てくるのはセラミドでしょうか。

 

お肌の保湿成分として、尿素やアミノ酸、乳酸、クエン酸塩から構成されています。その中で40パーセントはアミノ酸です。そして天然保湿因子は水溶性なので保湿剤にとても適しています。

 

セラミドの役割には皮膚の表面の角質層の細胞を構成することと、角質細胞の中の保湿機能を高めその機能を維持することにあります。また、シワを軽減したり、ターンオーバーの促進をして外部刺激からお肌を守るバリア機能でもあります。セラミドは年齢とともに生産量が減少していきます。貯水力を高めることで潤いやハリを応援してれるのです。

 

敏感肌や乾燥肌の人は天然保湿因子を取り入れたスキンケアをするようにしましょう。

 

人の肌は本来適度な水分と油分で守られています。しかし、外界の刺激つまりほこりや紫外線などで水分が不足することで、乾燥肌を招くことも事実です。このときお肌のバリア機能が衰えているとお肌が傷つけられてしまいます。そうこうしているうちに、刺激や体調の悪化で過敏に反応してその結果敏感肌になってしまいます。

 

バリア機能の強化に必要なのは、セラミド・皮脂・天然保湿因子です。つまり皮膚と同じ働きを持つ成分と水分を補うことが出来るかがポイントなのです。これらを含んだ美肌化粧品は角質層にたっぷりとセラミドを保有し続けることで、角質層の下にある顆粒層(かりゅうそう)・有棘層(ゆうきょくそう)・基底層まで健康に保つことが期待されています。

 

角質層にはケラチンなどのタンパク質が多く含まれています。その中に遊離アミノ酸もメンバーとして加わっていてさらにはセリンやグリシンも含まれています。こうして天然保湿因子として機能するのですが、その中にあるグルタミンの代謝によってビロリドンカルボン酸が生じます。これはとても保湿性が高いものです。

 

美肌化粧品というとよくモイスチャージバランスという言葉を耳にします。これは角質層の中の水分・脂質・天然保湿因子の3つのバランスのことをいいます。普通脂質は汗と混ざり合うことで皮脂を作ります。この皮脂は皮脂膜になりますが、細胞同士をくっつけて水分の蒸発も防ぐ細胞間脂質というものから出来ているのです。このお蔭で水分が蒸発しないで済みお肌の表面をカバーしているのです。以上のことから角質層の水分はモイスチャーバランスの働きに左右されているといえます。

 

美肌化粧品として優れているものには、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などそうそうたる保湿成分配合のメンバーが入っています。目元にできる小じわの改善やお肌にハリとうるおいを持たせ、水分をキープすることでみずみずしいお肌へ整える役目を担っています。これらのアイテムを使って軽くマッサージをすることで、血行を促進し、しっとりとつややかなお肌に導くのです。

 

美肌化粧品と一緒に実行したいのが十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事です。高機能の美肌化粧品をよくお肌に浸透させるには生活の中に良い条件を揃えておくことも必要なのです。

 

ホワイトヴェール